スマートフォンの料金高すぎ!と思っていませんか?

今や当たり前になっているスマートフォンの利用ですが、ガラケーを選んでいる人もたまにいます。その中にはガラケーで十分で、スマートフォンほと高機能なものを求めていないと言う人もいる一方で、通信費を安くできるからという理由でガラケーを使っている人も少なくありません。確かにガラケーはスマートフォンに比べると通信費は安くなっています。

しかしスマートフォンに慣れてしまうとガラケーに戻るのは困難です。ゲームにしてもインターネットにしても、画面も大きく操作しやすくスピーディーなのですから。ならばスマートフォンの通信費が高いのを我慢して使い続けるしかないのか?というとそうでもないのです。スマートフォンは使い方や契約方法等によって通信費を大幅に削ることができるのです。

通信費が高いと悩んでいる人の特徴

通信費が高い!と悩んでいる人は多いですが、その悩みにはある特徴が共通して存在しているというのをご存知でしょうか?その共通している特徴というのが使っている通信キャリアが決まっているということです。つまり現在大手三社と言われている3つの会社で契約している人がほとんどなのです

この大手3社というのは昔はかなり通話料無料であるとか、通信費を無料にするであるとか、いろいろな競争をしていましたが今や大手となってすべてが横並びになっています。特に通信料はほとんど同じでどこで契約しても6000円以上はするようになっています。これに機種変更などをした時の分割料金を合わせると、9000円近くになってしまいます。

ですからまず必要なことはこの大手三社の利用をやめること、これが重要になります。大手三社の利用をやめても今は実はいろいろな会社が他にも存在していて、他の通信会社と契約をすることで大きく通信費を落とすことができるのです。具体的には通信会社を乗り換えることで3000円程度の月間通信費にすることが可能なのです

自分の利用方法を見直そう

もちろん3000円程度の通信費にしてしまえば、それなりに不便な部分というのは出てきます。特に大きいのはスピードが遅くなることです。スピードが遅くなってしまえば、インターネットを見るときなどにイライラしたりするでしょう。しかしこれも使い方一つで快適にウェブを見ることができるようになります。

また今もまだ利用しているのはメールや通話、もしくはLINEのような通信手段くらいでインターネットで何かを見たりすることもほとんどない、という人もいるでしょう。であればこの通信プランというのはぴったりだといえるでしょう。通信費が高い三大キャリアを活用できるのはかなりのヘビーユーザーだけだと言われています。※ヘビーユーザーでお金が足りなくなった場合は、キャッシングでお金を借りるという手もありますが、なるべくそうはならないようにお金そして料金プラン選択は慎重にしましょう。一般的な利用方法ではちょっとサービスが多すぎるのです。

少しでも通信費を少なくしたいと考えている人は多いでしょう。そのためのノウハウや裏ワザというものをお教えします。

結局中古スマートフォンとMVNOが一番安い!?

いくつかの方法があることはこれを見てもわかるかと思うんですけれども、結局スマートフォンを最も安く使う方法ってなんですか?っていう結論を知りたい人も多いでしょう。先に結論だけ言うとすれば、安さだけを一番に考えるのであれば中古のスマートフォンを購入して、契約はMVNOなどの格安のものを使うのが一番でしょう。

中古のスマートフォンでSIMフリーのものであれば、安いものだと1万円代から売っているものもあるので、新規のスマートフォンを購入するよりも半額以下の値段で買うことができるでしょう。一括で購入すれば一番お得ですが、難しいなら二回払いなどで金利節約するという方法もあります。できなければ仕方ないので分割払いでしょう。それでも金利があっても値段は低くなります。

そして中古のスマートフォンをそのまま購入しても使うことはできます。Wi-Fiをつなげばインターネットもできますしメールも出来ます。ただしキャリアメールは使えないですし、どこでも使えるわけではないのでどこでも使えるように通話型のMVNOのSIMを購入するのがいいと思います。これで月々3000円程度ですが、どこでも通信ができ通話ができるようになります。

この3000円程度と合わせて2万円程度の携帯電話を購入することができれば、2年間の縛りなどもないですし非常に安く済ませることができるでしょう。簡単に比較をしてみると、2年間同じ携帯電話を使うとした場合、3000円×24で72000円と2万円なので合計で9万2千円になります。一方の一般的な新規契約か機種変更で購入した場合、分割代金も合わせて月々およそ9000円程かかります。

9000円の中には通信費も通話料も入っていますが、これを2年間使うとした場合、24をかけると21万6千円という数字になるのです。2年間でおおよそ10万円以上の費用の差が出てくるわけです、これはかなり大きな差になっているといえるでしょう。ですから中古スマートフォンとMVNOを利用するという方法がどれだけコストをカットしてくれるかがわかると思います。

節約したお金は他のことに使えばいいでしょう。海外旅行などにも行けますし、夢が広がりますよね。

家のインターネットを無線LANにして通信料を削ろう!

皆さんの家はインターネットはどのように使われているでしょうか?パソコンを持っている家は多いと思いますが、家でのパソコンは有線LANでつないでいるでしょうか、それとも無線LANでしょうか?スマートフォンの通信費を安くすることを考えるのであれば、絶対に家では無線LANを用意しておいたほうがいいでしょう。

なぜ無線LANがいいかといえば、それだけ通信容量を節約することができるからです。一般的なインターネットプロバイダは通信容量を制限しませんがスマートフォンなどの携帯キャリアはほとんど5GBや7GB制限をしているところがほとんどです。そのため、使いすぎるとこの容量制限にあたってしまうことがあります。動画などの容量が重いものをたくさん見ている人はよくあることです。

ではその容量制限に当たったらどうなるか?というと、それ以降はかなりスピードを制限されてしまうのです。今、MVNOがかなり流行していて低速回線だと言われていますが、それよりも遅いスピードになってしまうのです。このような状況に良くなる方は使いすぎている可能性が高く、家での利用を無線LANにしてWi-Fiからつなぐようにすると大幅に改善するでしょう。

家での利用をWi-Fiにすることで、一気に通信費を下げることができるのですが、場合によっては5GBくらい下げることに成功した例もあります。無線LANを構築してWi-Fiでの接続をするのは難しくなく、あまり得意ではないならプロバイダの方にお願いするか、家電量販店の人に聞いてみるといいでしょう。無線LANルーターを買って来て、そこにつなぐだけでできるので意外にだれでも簡単にできますよ。

もしかしたら今までは通信費をたくさん使っていて、上限にまで達してしまっていたために、それ以上の通信を高速でするために、追加の費用を払っていたという人もいるかもしれません。それは非常にもったいないことだと思います。家の中で無線LANを使えるようになれば、その費用をカットすることができるのです。

あまりスマートフォンと関係がなさそうに見える家のインターネットですが、通信費を削減するための大きな関係があるのです。

続々登場している通話付きのMVNOこそ使いやすい!

国も力を入れ始めているMVNOですけれども、この仮想通信事業体については初めて使おうと思った人は必ずと言っていいほど迷うと思います。それがスマートフォンなのに通信をすることはできるけれども、通話ができないものが多いということです。もともとこのMVNOは通信だけを安くするものだったので、当初は通話ができるものはほとんどありませんでした。

それが最近になって通話ができるようなものも出てきました。今ではいくつかの業者を選ぶことができるほどになっているわけですが、MVNOを最初に初めて使おうとしているのであれば、できるだけこのような通話が付いているものを選んだほうがいいでしょ。なぜならそちらのほうが便利だからです。通話がない通信だけのスマートフォンはかなり玄人好みになるでしょう。

一般的に通話とメール、この2つがあって初めてスマートフォンや携帯電話として成り立つと考えている人は少なくありません。であれば、スマートフォンで通話ができないというのは考えられないんじゃないでしょうか。それならば通話付きのものがMVNOでは増えているのでそちらを選ぶようにしましょう。

ただし通話付きのMVNOは値段が倍ほどするものがほとんどです。通話プラス通信ということで値段が3000円を超えるものも出てきているくらいで、そこまで安さに魅力を感じないかもしれません。また電話料金についても無料通話分などがついていませんから、ほとんど通話したらその金額は全額取られてしまうと思っておいたほうがいいでしょう。

しかし通話については他にもアプリがありますから、そちらを使ってうまく安くしていくという方法もあります。いろいろな電話料金を半分くらいにすることができるアプリなどがありますので、もしMVNOの通話料金を考えるのであれば、必須だと思ってください。もちろん電話料金は電話をしなければゼロですし、受けるのであればかかりません。

通話プラス通信のMVNOが増えてきていて、しかも値段も3000円程度となると、使い方次第ではかなりお得です。通信についてはほとんど無制限のところが多いですが、通話の方は気をつけるようにしてください。

格安スマートフォンや通信については詳細をすみずみまで見るべし

いくつかの通信費を安くするための方策を紹介してきましたが、そのメインとなっているのはやはりMVNOなどの格安通信手段かと思います。格安の通信手段を使うことによって、通信費を安く済ませることができるのは利用者である私達消費者にとってはすごくありがたいことなんですが、個々で見ておかないといけないのがその詳細です。

つまりMVNOであるとかマイナーな通信キャリアを使うときにはいろいろな制限であるとか、使える部分と使えない部分などもあるのです。これをチェックし忘れていると、思っているよりも我慢を強いられることになる可能性もあるので注意しましょう。

まずMVNOで言えることとしてはMNPをするときの手数料についてです。MNPをするときには手数料がかかり、これが3000円と税金というようになっています。3000円と税金はMNPの転入に関する費用であり、転出費用もまた別途2000円と税金がかかります。合計5000円がかかるということをあまり知られていません。たいていの人はMNPを考えていると思いますがMVNOはそれらの費用は実費になるので注意してください。

また縛りについても気をつけておきましょう。マイナーな通信キャリアであれば縛りがやはり2年などとありますし、オプションの縛りというものもあって、2ヶ月分は支払いをしないといけないなどがあります。その際は予想していた金額よりも高いお金を払わないといけないことになります。オプション等でどの程度金額が大きくなるのかもチェックしておいてください。

もう一つ、通信スピードについても知っておいたほうがいいでしょう。通信スピードが遅いというのはMVNOの基本ではありますが、遅くてもテキストはすぐに表示されるし、軽い画像であればすぐに表示されるということはよくあります。しかし書かれている通信速度がなかなか出ない業者もあります。その際は体験談などを参考にしてみるといいでしょう。

MVNOを始めとして、マイナーキャリアもそうですが基本的にはまだまだ始まったばかりのものですから、未熟な部分が見られます。それらを避けるにはこちらが詳細を勉強するしかないのです。

メールと通話はガラケーで、通信はスマートフォンで

最近少しずつ増えているというか、キャリアの方も推奨しているような方法としてスマートフォンとガラケーの二台持ちというものがあります。スマートフォンをすでに24回払いで支払い終えた人に多いのですが、スマートフォンとガラケーを2つ持ち歩いて、両方のイイトコどりをしているという方法です。通信費的に見ても悪い方法ではないでしょう。

この方法は通信費を節約するという点でもいい方法です。まず何が通信費を節約しているかというと、通話料とメールの通信についてです。メールと通話料をガラケーで持っていた場合と今のスマートフォンに変えてからは数千円金額がアップしていると思います。それだけスマートフォンの通信容量が多いので仕方ありませんが、メールと電話だけガラケーにするのです。

そうすればメールと電話だけの料金で十分安く済ませることができます。ここでポイントはパケット通信料を定額にするのではなく使ったぶんだけ支払う形にすることです。なぜかというと、最近ではスマートフォンを使ってLINEを始めとしたいろいろな通信手段があり、そちらを使えば無料でできるからです。

つまりほぼガラケーは電話だけのために使い、メールについてはメールしかやりとりをしない人もいるので、そういう人のためだけに使うということです。一方のスマートフォンは通信をメインに使ってLINEやフェイスブックなどのSNSを始め、写真を撮ったりすることもできるし地図を見たりすることもできるというわけです。

こちらは通話の必要がない、通信だけのSIMカードを入れておけばいいので大手キャリアのものを選んだとしてもかなり安く済ませることができます。両方を2つ持っていたとしても、だいたい5000円程度で済ませることができるのではないでしょうか。しかも高速通信ができるというメリットは大きいでしょう。

この2つを利用してイイトコどりをするという方法を使えば、大手キャリアのスマートフォンとガラケーを使っても、さほど高い通信費に悩まされなくて済むでしょう。唯一両方を持っていかないといけないのでポケットにはいらないと言う点を除けば、デメリットは少ないはずです。