格安スマートフォンや通信については詳細をすみずみまで見るべし

いくつかの通信費を安くするための方策を紹介してきましたが、そのメインとなっているのはやはりMVNOなどの格安通信手段かと思います。格安の通信手段を使うことによって、通信費を安く済ませることができるのは利用者である私達消費者にとってはすごくありがたいことなんですが、個々で見ておかないといけないのがその詳細です。

つまりMVNOであるとかマイナーな通信キャリアを使うときにはいろいろな制限であるとか、使える部分と使えない部分などもあるのです。これをチェックし忘れていると、思っているよりも我慢を強いられることになる可能性もあるので注意しましょう。

まずMVNOで言えることとしてはMNPをするときの手数料についてです。MNPをするときには手数料がかかり、これが3000円と税金というようになっています。3000円と税金はMNPの転入に関する費用であり、転出費用もまた別途2000円と税金がかかります。合計5000円がかかるということをあまり知られていません。たいていの人はMNPを考えていると思いますがMVNOはそれらの費用は実費になるので注意してください。

また縛りについても気をつけておきましょう。マイナーな通信キャリアであれば縛りがやはり2年などとありますし、オプションの縛りというものもあって、2ヶ月分は支払いをしないといけないなどがあります。その際は予想していた金額よりも高いお金を払わないといけないことになります。オプション等でどの程度金額が大きくなるのかもチェックしておいてください。

もう一つ、通信スピードについても知っておいたほうがいいでしょう。通信スピードが遅いというのはMVNOの基本ではありますが、遅くてもテキストはすぐに表示されるし、軽い画像であればすぐに表示されるということはよくあります。しかし書かれている通信速度がなかなか出ない業者もあります。その際は体験談などを参考にしてみるといいでしょう。

MVNOを始めとして、マイナーキャリアもそうですが基本的にはまだまだ始まったばかりのものですから、未熟な部分が見られます。それらを避けるにはこちらが詳細を勉強するしかないのです。