SIMフリーとは?

SIMフリーと言うのはある意味日本のような規制が強い国だからこそ使われている言葉で、他の海外ではすでにSIMフリーが当たり前になっているところも多くあります。日本の場合どうしてこのような言葉が出てきたかというと、いろいろな制約を持たせてスマートフォンを持つような仕組みになっているからです。

いわばSIMフリーというのはその制約がない状態のことを指します。スマートフォンや携帯電話というのは通常、SIMカードというものを必要とします。スマートフォンの場合は他の無線LANなどにつないで使うこともできますから、SIMカードは必要ありません。しかし通話を行うならばキャリアと契約をしないといけないのです。

その際、普通であればスマートフォンを購入し、そのスマートフォンで「どの通信事業者を選ぼうか」と考えるのが諸外国なのですが、日本の場合はSIMフリーのスマートフォンが少ないため、キャリアとの専属契約のような形になるのです。いわば他の通信事業者に好きなときに乗り換えることができないわけです。これがSIMフリーではない日本の現状なのです。

しかし世界的に見てこのような状況は異常でありますから、どんどんSIMフリーの端末というのが発売されつつあります。今最新のアイフォンについても、基本的にはSIMフリーですからどこでも選ぶ事ができます。その代わり端末を分割で購入するなら、その事業者で買わないといけないというような制約が出てくるので、多くの人は分割購入の代わりにそのキャリアを選んでいるのです。

加えて日本だと二年間の縛りがあるなど、かなり自由度が低いためにSIMフリー端末を使いこなせている人が一般の人ではほとんどいません。もしSIMフリーの端末でキャリアを此方側から選べるようになれば、もっといろいろな業者が出てきて、横並びの値段ではないし、様々なサービスもできるだろうと言われています。

今後、海外製のスマートフォンはSIMフリーが増えてくるかと思いますが、これは利用者である我々にとってはいいことですので、もっとSIMフリーをうまく活用しキャリアを変えていきましょう。

1.産み分け法・病院に行かなくても女の子ができる秘密
せっかくの産み分け方法なのに販売が終わってしまって残念です。