仮想移動体通信事業者とは?

仮想移動体通信事業者というのはいわゆるMVNOと言われているものの日本語訳になります。MVNOはMobile Virtual Network Operatorの略であり、いわゆる通信事業者の通信網を利用して、再販売をしている人たちのことを言います。このMVNOを現在日本の政府も普及させようとしているのです。

MVNOというのはほとんどがNTTなどの大きな通信網を持っているところの通信網を借りているのです。借りている通信のほとんどが低速回線で、おおよそ200や300kbpsと言ったスピードです。このスピードは一昔前にインターネットが普及してきた、Windows98などをメインに使っていた時代くらいのスピードだと思っていいでしょう。そのくらいスピードは遅いのです。

その代わりにスピードは遅いけれども使い放題だし、かつ利用している人たちにメリットがあるのは安いことです。圧倒的に他のキャリアに比べると安いために、2000円かからない程度の金額で通信をすることができるのです。よく電話とメールだけで後はあまり使わないという人はいますが、そういう人にピッタリなのがこの仮想移動体通信事業者であるといえるでしょう。

仮想移動体通信事業者で契約するのに適している人はテキストベースのものを読んだりすることがメインの人です。つまりメールのやり取り、そしてニュースをネットで読む人、LINEなどのやりとりをする人、TwitterなどのSNSでやりとりをする人などが向いているといえるでしょう。逆に向いていない人というのがスマートフォンで大きな画像をアップロードしたりする人、動画を見たりする人です。

政府としては通信回線というのは有限であるために、その有限の通信回線が混雑したりしないようにするため、また国民の可処分所得を移動させるためにMVNOの利用というのを推奨するようになっています。もちろん仮想移動体通信事業者が合う人にはいいのですが、合わない人もいますから、今までと同じ方法を使うべきでしょう。

しかし今後はおそらくかなり注目をされていく通信手段だと予測されていますので注目です。

1.サッカー選手名鑑
さすが名鑑!選手も監督も詳しく解説されていてよかったです。

2.Yuuko Yamaguchi’s Climbing Page
山に関する情報がシンプルに紹介されていて読みやすいです。