通信費以外にもオプションはすぐに見直しをしよう

通信費を安くするというのはいろいろな方法があり、それらを調べて実行している人としていない人ではかなり野さが料金に出てくるわけですが、その通信費以外にもスマートフォンの利用にはお金がかかってきています。それがオプションというものです。このオプションというものを見直すことはまっさきにしておいたほうがいいでしょう。

オプションとは何かというと、スマートフォンの利用に必要な物は基本使用料というものがあり、それに加えて通信の費用くらいのものです。またユニバーサル使用料というものが3円かかっていますが、これは税金のようなものですから必須になっています。この3つだけが絶対に必要なものであって、後は使っても使わなくてもいいオプションというわけです。

実はこのオプションというのがスマートフォンにはたくさんあるのですが、それを見なおしていない人が多いのも特徴です。オプションの中で多くの人がつけているのが故障に対するもので、故障をしてしまった時には5000円程度で同じ機種の新品のものと交換してくれるというものです。

これは月々大体500円くらいで安いですが、もしすでに端末の代金を支払い終えているのであれば、解除しておいたほうがいいでしょう。なぜならMNPをすればゼロ円で最新の端末で契約できる業者はたくさんいるからです。それこそたとえアイフォンの最新端末であったとしても、すぐにゼロ円契約できるところもあるくらいです。だから代金を支払い終えたら解除しておいたほうがいいでしょう。

もう一つ多くの人が放置しているのが100円や200円程度のオプションで、音楽や動画などを見ることが出来たるするものです。100円や200円だから安いと思っているかもしれませんが、それを1年間続ければ数千円、中には1万円を合計超す人もいるでしょう。少しでも金額を低くしたいのであればすぐに解約してください。

最近は契約の段階でこれらのオプションに入るように言われる所も多いようですが、これらのオプションは多くの人にとって不要なものが多いです。自分にとってこれらのオプションは必要かどうか、スマートフォンの利用に必要かどうかを考えてみてください。不必要ならすぐさま解除してもらうべきでしょう。