有名三大キャリア以外を利用して賢く節約!

有名なドコモ、au、ソフトバンクの三社のことを三大キャリアと言ったりしますが、日本に住んでいる人たちの殆どがこの3つのうちのどれかを使っているでしょう。そもそも携帯電話の会社というのはこの3つしかない、とすら思っている人もいるかもしれません。しかし日本にはこの三大キャリア以外にも多くの携帯電話を売っている会社があるのです。

ソフトバンクグループの参加であるイー・モバイル、そしてウィルコムと言った業者もその一つです。こういう業者は携帯電話を発売しているのですがあまり認知度がないために、利用している人は少ないようです。しかし携帯電話やスマートフォンを安く使おうとするのであれば、こういった業者を使わない手はありません。

最近ではイオンなどの大手小売店までもが、スマートフォンを出している状況です。しかもその料金というのがだいたい3000円程度を毎月支払うと言う契約で可能というのですから驚きでしょう。ほとんどの三大キャリアよりも安くなりますし、しかもスマートフォンを持てるのですから。

通信費を安くするにはまずは大手の業者からこういったマイナーな業者に移りましょう。マイナーと言ってもちゃんとしているところばかりですし、大手の子会社だったりするので安心して使ってください。最近ではMNPと言う方法を使えば更に安くなったりします。MNPというのはナンバーポータビリティというもので、この時だけスマートフォンを無料にしてくれたりするのです。

ちなみにこういったサービスというのはいろいろな店舗によって異なります。ある店舗ではスマートフォン無料ではなく5000円や10000円の支払いが必要なところもありますし、逆に無料のところもあります。またもっと探せば実は無料プラス商品券をもらえるようなところもあるなど、サービスはかなり過激になっています。

最近は国の指導もあってこういうサービス合戦はどんどん少なくなってきてはいますが、まだ探せばある程度は見つけることができると思います。スマートフォンを使うとなると、どうしても大手の業者しか思いつかない人も多いですが、実はそうではない業者を使ったほうが有利だということを知っておいてください。