小さな通信事業者の通信品質は?安心して使える?

通信費を安くするために、有名な業者ではなくあまり有名ではないところを使うとなると不安も多いと思います。特に不安視されているのは通信品質というものです。通信が不安定になったりしないかどうか、MVNOを考えている人が料金以外で一番気にしている部分だったりするわけですが、これについては賛否両論、業者によるとしか言えません。

賛否両論あるというのは通信品質が不安定な業者もいれば安定している業者というのもいるのです。これは実際に利用した人が通信テストなどを行ったりしているので、それを見るとわかりやすいでしょう。MVNOにしてもマイナーなキャリアを使うにしても、通信品質というのはすごく重要ですので、見ておいた方がいいと思います。

実際に利用して試してみたという人たちの報告を見て分析してわかることは、やはりいろんな業者によってばらつきがあることです。特に200kbpsの通信速度がある、と言われているのに実際に測ってみたらMAXでも150kbpsも出なかったというようなところもあります。場所にもよりますし、都会か地方かによっても違うようです。

もう一つが大手のように沢山の人が利用していないという点も挙げられます。沢山の人が利用するとどうしても利用率が上がってしまいます。通信回線は限られていますから、もしこの安いMVNOなどを使う人がどんどん増えていけば通信は圧迫されていくので、さらに不安定になるのではないかと言われています。

今はまだ利用者が少ないのでかなり通信は安定しているんですけれども、MVNOでも利用者が多いとされている業者ではすでにMAXのスピードが出ないようになりつつあるのです。ですからMVNOも今はスピードもそれなりに出るでしょうし、品質も悪くはないでしょうが、今後はわかりません。特に都会は人が多いので、早くそういう問題が浮上する可能性があります。

MVNOやマイナーキャリアでは現在そこまで品質に問題はありませんが、もし品質に問題が出るようであればすぐに切り替えることができるような状況を作っておいたほうがいいでしょう。今がもしかすると値段も安くて品質が良い一番よい時期なのかもしれませんね。