スマートフォンからガラケーに戻るという方法はいかが?

スマートフォンの通信費を下げる事ができると言われても、結局スマートフォンを使っているのはなんのためか?という点も見逃せません。もともとスマートフォンが出てきて「これはすごい!」と言われていたのは通話とメール、そしてインターネットだけではなくほぼパソコンと変わらないレベルの作業ができるからでした。

ニュースを読んだりメモをしたり、音楽を聞いたり動画を見たり、またゲームをしたりSNSでやりとりをしたりなどなど、かなりいろいろなことができるということでスマートフォンは使えるとして広まったのです。しかしそのスマートフォンをここまで完璧に使いこなしている人はいないでしょう。せいぜい行っているのはメールと通話、位の人も多いんじゃないでしょうか。

そういう人はスマートフォンからガラケーに戻るというのもひとつの手です。ガラケーで一般的な通話とメールは出来ますし、何よりもバッテリーが長持ちするというメリットがあります。3日くらいはバッテリーが持ちますから、こちらを使ったほうが電気代的にも安く済ませることができたりするので、有利だったりするでしょう。

バッテリーだけではなくガラケーの場合はスマートフォンではなくタブレットと一緒に使うという方法ができます。もしLINEなどのやりとりをしたいのであれば、タブレットを使うようにしたらLINEなどもすぐに使えるようになります。ですのでガラケーとタブレットの二台持ちをしている人は少なくありません。

でもそれだと通信費が高くなる…と思う人もいるでしょうが、タブレットの方はそれこそかなり安いMVNOを使うことによって月に2000円程度の通信費で済ませることもできますし、ガラケーの場合は通話料と月々のメール代暗いですから、こちらも2000円位で済ませられることもできます。結果的に二台持ちをしているにもかかわらず、5000円もかからないレベルにすることができるのです。

結局スマートフォンで定額の通信費で持つよりも、ガラケーとタブレットの二台を持つほうが安く済ませることだってできるのです。自分が必要なことがメールと通話くらいと言う人は年齢が高い人に多いでしょうから、無理にスマートフォンを持つ必要もないかと思いますよ。