メールと通話はガラケーで、通信はスマートフォンで

最近少しずつ増えているというか、キャリアの方も推奨しているような方法としてスマートフォンとガラケーの二台持ちというものがあります。スマートフォンをすでに24回払いで支払い終えた人に多いのですが、スマートフォンとガラケーを2つ持ち歩いて、両方のイイトコどりをしているという方法です。通信費的に見ても悪い方法ではないでしょう。

この方法は通信費を節約するという点でもいい方法です。まず何が通信費を節約しているかというと、通話料とメールの通信についてです。メールと通話料をガラケーで持っていた場合と今のスマートフォンに変えてからは数千円金額がアップしていると思います。それだけスマートフォンの通信容量が多いので仕方ありませんが、メールと電話だけガラケーにするのです。

そうすればメールと電話だけの料金で十分安く済ませることができます。ここでポイントはパケット通信料を定額にするのではなく使ったぶんだけ支払う形にすることです。なぜかというと、最近ではスマートフォンを使ってLINEを始めとしたいろいろな通信手段があり、そちらを使えば無料でできるからです。

つまりほぼガラケーは電話だけのために使い、メールについてはメールしかやりとりをしない人もいるので、そういう人のためだけに使うということです。一方のスマートフォンは通信をメインに使ってLINEやフェイスブックなどのSNSを始め、写真を撮ったりすることもできるし地図を見たりすることもできるというわけです。

こちらは通話の必要がない、通信だけのSIMカードを入れておけばいいので大手キャリアのものを選んだとしてもかなり安く済ませることができます。両方を2つ持っていたとしても、だいたい5000円程度で済ませることができるのではないでしょうか。しかも高速通信ができるというメリットは大きいでしょう。

この2つを利用してイイトコどりをするという方法を使えば、大手キャリアのスマートフォンとガラケーを使っても、さほど高い通信費に悩まされなくて済むでしょう。唯一両方を持っていかないといけないのでポケットにはいらないと言う点を除けば、デメリットは少ないはずです。