結局中古スマートフォンとMVNOが一番安い!?

いくつかの方法があることはこれを見てもわかるかと思うんですけれども、結局スマートフォンを最も安く使う方法ってなんですか?っていう結論を知りたい人も多いでしょう。先に結論だけ言うとすれば、安さだけを一番に考えるのであれば中古のスマートフォンを購入して、契約はMVNOなどの格安のものを使うのが一番でしょう。

中古のスマートフォンでSIMフリーのものであれば、安いものだと1万円代から売っているものもあるので、新規のスマートフォンを購入するよりも半額以下の値段で買うことができるでしょう。一括で購入すれば一番お得ですが、難しいなら二回払いなどで金利節約するという方法もあります。できなければ仕方ないので分割払いでしょう。それでも金利があっても値段は低くなります。

そして中古のスマートフォンをそのまま購入しても使うことはできます。Wi-Fiをつなげばインターネットもできますしメールも出来ます。ただしキャリアメールは使えないですし、どこでも使えるわけではないのでどこでも使えるように通話型のMVNOのSIMを購入するのがいいと思います。これで月々3000円程度ですが、どこでも通信ができ通話ができるようになります。

この3000円程度と合わせて2万円程度の携帯電話を購入することができれば、2年間の縛りなどもないですし非常に安く済ませることができるでしょう。簡単に比較をしてみると、2年間同じ携帯電話を使うとした場合、3000円×24で72000円と2万円なので合計で9万2千円になります。一方の一般的な新規契約か機種変更で購入した場合、分割代金も合わせて月々およそ9000円程かかります。

9000円の中には通信費も通話料も入っていますが、これを2年間使うとした場合、24をかけると21万6千円という数字になるのです。2年間でおおよそ10万円以上の費用の差が出てくるわけです、これはかなり大きな差になっているといえるでしょう。ですから中古スマートフォンとMVNOを利用するという方法がどれだけコストをカットしてくれるかがわかると思います。

節約したお金は他のことに使えばいいでしょう。海外旅行などにも行けますし、夢が広がりますよね。